BTREND 2018-11-13T19:44:25+00:00
Search
Generic filters
Exact matches only
Filter by Custom Post Type

TOP ↑コイン

コイン価格  1日
(WAX)
WAX
045.34%

TOP ↓コイン

コイン価格  1日
(AOA)
Aurora
0-2.75%

最新 PRESS

最新 PRESS

最新 RSS 速報

  • リクルートカードの審査は通りやすい?審査の難易度や口コミを解説
    数あるクレジットカードの中でも、圧倒的なポイント還元率を誇るリクルートカード。 付帯保険から電子マネーの利用までトータルバランスに優れたクレジットカードと言えます。 しかし、クレジットカードを持っていない方にとって重要なのは作成しやすいかどうかという点でしょう。 そこで今回は、リクルートカードの基本情報から審査の難易度まで解説します。 是非、最後までご覧下さい。 目次 1. リクルートカードの特徴は?1.1. 業界No.1のポイント還元率1.2. nanacoや楽天Edyのチャージでもポイント加算1.3. 付帯保険の充実2. リクルートカードの詳細3. リクルートカードの審査の難易度は?4. リクルートカードの口コミ・評判は?5. ポイント還元率の高いリクルートカードでザクザクポイントを稼ごう!リクルートカードの特徴は? まずは、リクルートカードの特徴とメリットついて解説します。 業界No.1のポイント還元率 リクルートカード最大のメリットは、何と言ってもポイント還元率です。 他のクレジットカードのポイント還元率は0.5~1.0%という場合がほどんどですが、リクルートカードのポイント還元率は驚異の1.2%を実現しています。0.5%のポイント還元率と比較して、2.4倍もポイントが溜まりやすいのは大きいですよね。 例えば2年間で100万円を使ったとします。ポイント還元率0.5%では5,000円、リクルートカードでは12,000円と7,000円分ものポイント差が生まれるのです。 リクルートカードをメインカードとして利用する場合は、長期利用であればあるほど大きく差が開いて行きます。 nanacoや楽天Edyのチャージでもポイント加算 リクルートカードの保有メリットとして、nanacoや楽天Edyなどの電子マネーのクレジットチャージでポイントが貯まる点も挙げられます。 電子マネーチャージと電子マネー利用のダブルでポイントが貯められるため、おすすめのポイント獲得方法と言えるでしょう。 ただし、2018年4月16日からnanacoチャージ&楽天Edyチャージのポイント対象は月間3万円までというルールが追加されたので、この点だけ気を付けておきましょう。 付帯保険の充実 リクルートカードのもう一つのメリットは、年会費無料のクレジットカードであるにも関わらず、付帯保険が充実しているという点。 旅行傷害保険は海外旅行なら最高2,000万円まで、国内旅行なら最高1,000万円まで補償してくれます。また、ショッピング保険まで付帯しているカードはゴールドカード以外では珍しいのではないでしょうか。   リクルートカードの詳細 リクルートカードは、東京都千代田区に本社を置く「株式会社リクルートホールディングス」が運営しています。 年会費は永年無料で、締め日は毎月15日、引き落とし日は翌月10日に設定されています。分割払いサービスも備えられており、分割回数は2回払い〜24回払いまで可能。金利については、2回払いでは手数料無料、3回払い~12回払いまでは12.25~14.75%の間で推移し、15回払い~24回払いまでは一律15%となっています。 また、リクルートカードは通年キャンペーンを実施しており、よりお得度が高いカードと言えるでしょう。 国際ブランド JCB、VISA、Mastercard ポイント還元率 1,000円につき12ポイント(1.2%) リクルートのサービスを使うと+1~3% 年会費 永年無料 審査基準 満18歳以上(未成年の場合は保護者の同意書が必要) 発行期間 約2週間 キャンペーン 新規入会&利用で最大6,000ポイントプレゼント ... もっと見る
    Source: bitdays.jpPublished on 2019-02-18
    1時間前
  • 京都市、水道料金の支払いでスマホ決済「LINE Pay」導入へ
    京都市の水道料金や下水道使用料の支払いにおいて、2月25日(月)からスマホ決済サービス「LINE Pay」が利用可能になります。 目次 1. 水道代をLINE Payでスピーディーに決済1.1. 関連記事水道代をLINE Payでスピーディーに決済 「LINE Pay」が提供する請求書決済サービス「LINE Pay 請求書支払い」において、2月25日(月)から京都市上下水道局が発行する納入通知書の決済が行えるようになります。 納入通知書に記載されているバーコードを「LINE Pay」で読み取ることで、コンビニや金融機関へ出向くことなく水道料金や下水道使用料の支払いをスピーディーに済ませることができます。 なお今回の取組みは2018年12月に発表されたLINEと京都市の提携の一環であり、発表によると京都市内の商店街や市の有する施設でもキャッシュレス化の推進を行なっていくとのことです。 LINE Payのお問い合わせはこちら 関連記事 ... もっと見る
    Source: bitdays.jpPublished on 2019-02-18
    1時間前
  • 第一交通産業タクシー、3月頃より大阪、愛知、北海道エリアに「PayPay」「ALIPAY」「WeChat Pay」を導入
    第一交通産業株式会社では、QRコード決済「PayPay」、「ALIPAY」、「WeChat Pay」を第一交通産業グループのタクシー約8,200台に導入開始しており、本日(2月18日)北九州地区で「ALIPAY」、「WeChat Pay」を導入しました。 また、大阪、愛知、北海道エリアなどでも平成31年3月頃より順次導入予定です。 目次 1. タクシー業界に広がるキャッシュレス化タクシー業界に広がるキャッシュレス化 第一交通産業グループのタクシーをご利用のお客さまは、車内に掲示されたQRコードを「PayPay」「ALIPAY」、「WeChat Pay」アプリで読み取ることで、乗車運賃をお支払いいただけます。 詳細内容はこちら ... もっと見る
    Source: bitdays.jpPublished on 2019-02-18
    2時間前
  • りそな銀行、スマホ決済が可能な「りそなウォレットアプリ」提供へ
    りそな銀行と埼玉りそな銀行が2月25日(月)より、スマートフォンアプリ「りそなウォレットアプリ」の提供を開始します。 目次 1. 加盟店でりそな銀行の口座から決済可能に加盟店でりそな銀行の口座から決済可能に りそな銀行が以前から提供している「りそなデビットアプリ」が、「りそなウォレットアプリ」へバージョンアップすることが発表されました。 「りそなウォレットアプリ」では「りそなキャッシュレス・プラットフォーム」の加盟店で、バーコードやQRコードを用いた決済が行えるようになります。りそな銀行の口座から「りそなウォレットアプリ」へ残高チャージができるため、使いすぎを防ぐことが可能とのこと。 さらに支払いを自由に調整できる「後払い機能」や提携店舗の「各種クーポン機能」、そして自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」のシステムを利用した「おつり貯蓄機能」などさまざまツールが用意されています。 ... もっと見る
    Source: bitdays.jpPublished on 2019-02-18
    3時間前
  • 楽天ラクマ、初めてのPaidy支払いで500円キャッシュバック
    2月18日~2月27日までの期間中、楽天ラクマで初めてPaidyを利用して一括3,000円以上をお買い物された方に500円キャッシュバックを実施します。 目次 1. 楽天ラクマ × Paidy キャンペーン1.0.1. キャンペーン期間1.0.2. キャンペーン対象1.0.3. 特典楽天ラクマ × Paidy キャンペーン #ラクマ とキャッシュバックキャンペーン!一括3,000円以上お買物&初めて #Paidy 決済をしたお客様を対象に500円キャッシュバック! 期間:2/27(水) 9:59AMまで#瞬間アトバライ #翌月払い #ネット決済 #コンビニ払い #ラクマ #キャンペーン — Paidy (@PaidyJP) 2019年2月18日 キャンペーン期間 2019年2月18日(月)10:00~2019年2月27日(水)9:59 キャンペーン対象 キャンペーン期間中、ラクマで初めてPaidyを利用して一括3,000円以上をお買い物された方 ※ お支払い画面で決済が完了している商品のみが対象です。 ※ キャッシュバックはお一人様あたり1回までです。 ※ キャンペーン期間前に、ラクマでPaidyをご利用された方は対象となりません。 ※ 複数回に分けて合計3,000円以上のお買い物を行っても対象にはなりません。 特典 500円キャッシュバック ※ キャッシュバック履歴は翌月のご請求額確定までにMyPaidyに反映されます。詳細はMyPaidy内のホーム画面にてご確認ください。 ※ 翌月のご請求から500円が引かれます。 ... もっと見る
    Source: bitdays.jpPublished on 2019-02-18
    3時間前
  • 仮想通貨取引支援のAerial Partners、ヤフー100%子会社のZコーポレーション、ジェネシア・ベンチャーズなどから総額1億8,000万円資金調達へ
    仮想通貨の取引支援事業を提供する株式会社Aerial Partnersが、約1億8,000万円の資金調達実施を発表しました。 目次 1. 「Gtax」「Guardian」をさらに強化へ1.1. 資金調達・社外取締役就任の目的1.2. Aerial Partnersの目指すもの1.2.1. 提供サービス「Gtax(ジータックス)」「Guardian(ガーディアン)」の背景1.3. Web3.0時代に求められる新たな社会インフラを構築する1.4. ブロックチェーン技術の社会実装のためインフラ構築を目指す1.5. 提供サービス1.5.1. Gtax1.5.2. Guardian1.6. 社外取締役の経歴1.7. アドバイザーの経歴1.8. 株式会社Aerial Partners「Gtax」「Guardian」をさらに強化へ 以下、プレスリリースより引用。 仮想通貨の取引支援事業を提供する株式会社Aerial Partners(代表取締役 沼澤 健人、以下「Aerial Partners」)は、ヤフー株式会社の100%子会社であるZコーポレーション株式会社(代表取締役 宮坂学)、株式会社ジェネシア・ベンチャーズ(代表取締役 田島 聡一)他、複数の個人投資家を引受先とした第三者割当による株式の発行を実施いたします。今回の資金調達の総額は約1億8千万円の予定となっております。 また、資金調達に合わせ、高田徹(Zコーポレーション株式会社)・John Flynn(ゴールドマン・サックス日本法人技術部門 元Managing Director)が社外取締役に就任するとともに、藤本真衣(株式会社グラコネ代表取締役)がアドバイザーとして就任いたします。 資金調達・社外取締役就任の目的 今回の増資により、仮想通貨の損益計算ソフト「Gtax(ジータックス)」の開発体制を強化するほか、仮想通貨取引にかかる確定申告サービスである「Guardian(ガーディアン)」のサービス拡充に一層注力してまいります。 さらに、採用をはじめとする組織体制強化、ブロックチェーン技術のR&Dを含む新規サービスの開発にも取り組んでまいります。 また、社外取締役の就任により、組織のガバナンスの一層の強化と、セキュリティを重んじた開発プロセスの整備の他、ブロックチェーン業界への技術的貢献にも注力してまいります。 Aerial Partnersの目指すもの 「Web3.0時代の新しい情報管理インフラをつくる」 提供サービス「Gtax(ジータックス)」「Guardian(ガーディアン)」の背景 2017年に仮想通貨市場全体の時価総額が急騰したことに起因し、国内の仮想通貨取引所で現物取引を行う利用者の総数は350万人(*1)を突破し、同時に仮想通貨取引により生じた所得に関する確定申告を行わなければならない方の数が急騰しました。 またそれと同時に、複雑化する仮想通貨取引の所得計算が、現行の国内の税法体系のもとでの所得計算が非常に煩雑であることが社会課題として浮き彫りになりました。 これを受け、国税庁からは現行の税法体系のもとでの計算の指針となる『仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)』が示されていますが、その指針に沿って損益計算を実施することは納税者のみならず、税理士等の専門家にとっても難しく、実務上の課題が残っています。 こうした課題から、Aerial Partnersでは仮想通貨取引を行う上での制度的な摩擦を解消することを目指し、仮想通貨の取引支援サービスである「Gtax(ジータックス)」「Guardian(ガーディアン)」を提供してまいりました。2017年度の確定申告期における仮想通貨の税務サポート数ではNo.1の実績(*2)となっています。 (*1)https://www.fsa.go.jp/news/30/singi/20180410-3.pdf (*2) Guardian確定申告サポート数。2018年当社調べ ... もっと見る
    Source: bitdays.jpPublished on 2019-02-14
    4日前
  • リップル(XRP)基軸の取引所CCXにTron(トロン/TRX)上場
    カナダの仮想通貨取引所CCXTron(トロン/TRX)が上場しました。 目次 1. XRP基軸の取引所でTRX取扱い開始XRP基軸の取引所でTRX取扱い開始 What's more excited is that TRX/XRP will also be listed according tothe votes before.🥳🥳Thanks for the feedback from the community!🥰🥰@XRP_community @Tronfoundation Trade #TRX at https://t.co/SLiGYVGZ2r #TRXnews #TRXcommunity #TRON #XRP #xrpthestandard #XRPcommunity pic.twitter.com/K6KMbk7Qmh — CCXCanada (@CCX_Canada) 2019年2月12日 CCXは2018年12月にが上場した後に、2019年1月にXRPを基軸通貨として採用しています。 今回新たにTRXが上場し、XRPやCAD(カナダドル)とペアで取引が行えるようになりました。 ... もっと見る
    Source: bitdays.jpPublished on 2019-02-14
    4日前
  • おつりで投資の「トラノコ」、国内初の「マイル投資」でANAと連携
    本日2019年2月14日より、おつり投資「トラノコ」を運用するTORANOTEC株式会社は、国内で初めて、航空マイルで資産形成を行う「マイルで投資」サービスを開始しました。 目次 1. 航空マイルを資産形成に用いる画期的なサービスを開始1.1. マイル投資の条件について1.2. おつりで投資サービス「トラノコ」について1.3. TORANOTEC株式会社1.4. TORANOTEC投信投資顧問株式会社(トラノコアプリを運営)航空マイルを資産形成に用いる画期的なサービスを開始 ANAグループが展開する「ANAマイレージクラブ」の利用者は、おつりで投資サービス「トラノコ」内でマイレージアカウントを登録し、投資するマイル数を入力するだけで簡単にマイルを投資できます。 おつりやポイントに加え、多くの人々が保有する航空マイルを直接投資に回すサービスを実現することで、トラノテックは投資へのハードルをまた一段と下げ、誰もが容易に将来のための資産形成を行える世界の発展を推進しています。 マイル投資の条件について ・ANAマイレージクラブでマイルを貯めているお客様は、トラノコアプリ上、マイレージアカウントを連携させることで、毎月1,000マイルで500円の投資(換算率50%)を行うことができます。 ・マイルの投資はトラノコアプリ上ワンクリックで行われ、簡単・スピーディに投資に回すことが可能です。 マイルで投資サービスの詳細についてはトラノコの「マイルで投資」に関する公式サイトをご覧ください。 おつりで投資サービス「トラノコ」について https://toranoko.com トラノコは、クレジット・カードや電子マネー等の日々のお買い物データから算出されるお買い物のおつり分を、毎日コツコツ、楽しく簡単に投資することができるアプリサービスです。トラノテックの完全子会社、TORANOTEC投信投資顧問株式会社が提供しており、3つのファンドから1つを選ぶだけで、世界中の株式・債券等に5円から1円刻みで分散投資できます。また、おつり投資だけでなく、ポイントでの投資など、投資が楽しくなる各種機能を搭載しているため、今まで投資を行ったことがないお客様にとっても無理なく長期的な資産形成を始められます。 TORANOTEC株式会社 名称: TORANOTEC株式会社 所在地: 東京都港区虎ノ門4-3-1 城山トラストタワー27階 代表者: 代表取締役社長 ジャスティン・バロック 事業内容: 金融サービス投資、フィンテック開発、アプリ運営 設立年月日: 2016年8月17日 URL: http://toranotec.com TORANOTEC投信投資顧問株式会社(トラノコアプリを運営) 名称: TORANOTEC投信投資顧問株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第384号、商品投資顧問業 農経(2)第19号 所在地: 東京都港区虎ノ門4-3-1城山トラストタワー27階 代表者: 代表取締役社長 小山 卓也 事業内容: 投資運用業および投資助言・代理業/ 第二種金融商品取引業/ 商品投資顧問業 加入協会: 一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会 会員第011-00822号、日本商品投資顧問業協会 ... もっと見る
    Source: bitdays.jpPublished on 2019-02-14
    4日前
  • 2月13日の経済・金融ニュースまとめ:XRP活用のSendFriendがマスターカードやリップル社などから資金調達、など全19件
    目次 1. カーシェアリング事業に必要な仕組み全てをワンストップにしたプラットフォームを提供2. スターバックス、定番ドリンクを10〜20円値上げへ3. 飲食店でも「顔パス キャッシュレス」、ラーメン店に導入へ4. XRP活用の送金企業SendFriend、マスターカードやリップル社などから約1億8700万円を資金調達5. Ginco、仮想通貨取引所向けの業務用ウォレットを提供開始 新規通貨対応をスムーズに6. LINEの「SHOPPING GO」、ビックカメラグループにてニンテンドースイッチ購入で最大2,000ポイント付与7. コイニー、決済端末を期間限定で無料提供 「ほんとに0円」キャンペーンを開始8. カブドットコム証券、「FUND DRESS」開始 ファッションを入り口に自分の価値観に合うファンドを提案9. 楽天、売上が初の1兆円越えに10. 【2月13日・14日限定】Uber Taxi、乗車が最大6,000円無料 名古屋と大阪で実施11. 月4万円から全国のシェアハウスが住み放題になるサブスクサービス「ADDress」、資金調達を実施12. モスバーガー、関内店でAIセルフレジの実証実験開始へ13. 渋谷区、キャッシュレス化を推進 4月から納税等に「LINE Pay」決済を導入予定14. メルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」、iOS版サービス開始 フリマの売上金が全国約90万箇所で利用可能に15. メルカリのスマホ決済サービス「メルペイ」のカンファレンス「MERPAY CONFERENCE 2019」20日開催16. 楽天証券、紀陽銀行と業務提携 金融商品仲介ビジネスを開始17. みんなのビットコイン、2019年3月1日より商号を「楽天ウォレット株式会社」に変更18. 三菱UFJ、Akamai Technologiesと新会社「Global Open Network」設立 ブロックチェーン活用の決済ネットワーク提供へ19. 国内初、京成電鉄 鉄道チケットのネット購入に「Alipay」・「WeChat Pay」を追加カーシェアリング事業に必要な仕組み全てをワンストップにしたプラットフォームを提供 株式会社アース・カーは、当社が運営するカーシェアリングサービス「アースカー」をフルリニューアルし、カーシェアリング事業への参入をトータル的に支援する事業者向けプラットフォームの提供を開始しました。 スターバックス、定番ドリンクを10〜20円値上げへ コーヒーチェーン大手のスターバックスコーヒージャパンが、2月15日(金)よりドリップコーヒーなど定番ドリンクの値上げを実施すると発表しました。 飲食店でも「顔パス キャッシュレス」、ラーメン店に導入へ 飲食店でも顔認証を利用して、ユーザーに合わせたサービス提供やキャッシュレスサービスが行える「顔パスシステム」を今回ラーメン店に導入しました。 ... もっと見る
    Source: bitdays.jpPublished on 2019-02-13
    5日前
  • PayPay、ビックカメラにて「第2弾 100億円キャンペーン」開催中
    ビックカメラでは、PayPay「第2弾100億円キャンペーン」を実施しています。 目次 1. PayPay「第2弾 100億円キャンペーン」1.1. 関連記事PayPay「第2弾 100億円キャンペーン」 #PayPay「第2弾 100億円キャンペーン」開催中※キャンペーン内容は前回のキャンペーンと異なります pic.twitter.com/2lZiOTSMJb — ビックカメラ (@biccameraE) 2019年2月13日 PayPay残高払い・Yahoo!マネー払いで利用で最大20%残高が戻ってきます。 また抽選で、10回の1回の確率で最大1,000円相当が戻ってくるキャンペーンを開催しています。 ビックカメラならビックポイントも貯まるお得なキャンペーンをお見逃しなく! 関連記事 ... もっと見る
    Source: bitdays.jpPublished on 2019-02-13
    5日前
  • 泉忠司はなぜビリオネアキャッスルを立ち上げたのか?
    ビリオネアキャッスルは今も募集中のプロジェクト! 今も多くの大学で学生に勉強を教える「泉忠司」 彼は現在、「ビリオネアキャッスル」と呼ばれる あるプロジェクトを発足し、その仲間を募っています。   ビリオネアキャッスルに触れる前に、 泉忠司氏についても補足していきましょう。 (引用:http://billionaire-castle.com/lp/lp1/?AD_CODE=0077_00042) 泉忠司氏はリアルドラゴン桜の異名で知られています。 偏差値30から短期間の勉強で東大に合格しているので、 その経歴がそのような異名につながったみたいですね。   そんな頭の良い泉忠司氏が立ち上げる壮大なプロジェクト。 ビリオネアキャッスルはどのような特徴を持っているのか。   一言でいえば「泉忠司になればいい」 つまり、同じ行動を真似てみようというプロジェクトです。 ビリオネアキャッスルは情報系コミュニティに近いのかもしれません。   一般に情報はテレビやインターネットで手に入れるという 認識をお持ちの方が多いように思いますが、 それはすでに遅れた情報であるケースがほとんどです。   ビットコインがニュースで流行りだしてから、 ビットコインを大量に購入してもあまり意味はありません。 話題になる前から仕入れておき、一番のうま味を味わうには、 ビットコインを流行らせる側に回らないといけないのです。   ビリオネアキャッスルはまさに、流行らせる側に近づけるコミュニティであるはずです。   泉忠司氏は過去に、銀行のお金をADAコインに変換しておくべきと発言されました。 ADAコインはたった4か月で800倍に膨れ上がっています。 これはまだニュースでもADAコインが話題になっていない時期のお話です。 では、なぜ泉忠司氏はADAコインの存在を知っていたのでしょうか。   答えは”情報源の豊富さ”にあると考えられます。   泉忠司氏は情報は時流を企てる層から入手しているそうです。   この世には以下の4つの層が存在します。   ①時流を企てる層 ②時流を創る層 ③時流に乗る層 ④時流に飲み込まれる層   泉忠司氏は「時流を創る層」に属しているそうなので、 早い段階で稼げる情報や最新のビジネスなどの情報が入ってくるわけです。   ... もっと見る
    Source: bitlife.cryptopie.comPublished on 2019-02-12
    6日前
  • ERC20トークンの時価総額が上昇|一方のイーサリアムは低迷
    Source: bitlife.cryptopie.comPublished on 2019-02-10
    1週間前
  • 日本仮想通貨交換業協会がみなし業者の入会受付開始
    Source: bitlife.cryptopie.comPublished on 2019-02-10
    1週間前
  • 仮想通貨のハードウェアウォレットとは?危険性について紹介!
    皆さんは仮想通貨のハードウェアウォレットについてご存知でしょうか?今回は仮想通貨のハードウェアウォレットについて紹介させていただこうと思います。皆さんもハードウェアウォレットの魅力や危険性について理解をしていただけたらと思いますので是非最後までご覧ください。 ハードウェアウォレットとは? まず最初に紹介させていただくのがハードウェアウォレットについて紹介させていただこうと思います。ハードウェアウォレットというのは、仮想通貨を保管するウォレットとなっていますが、PCに接続をしなければ仮想通貨を引き出す事が出来ないウォレットとなっています。 またハードウェアウォレットというのは秘密鍵を内蔵しており、仮想通貨自体がハードウェアウォレットの中にあるわけではありません。そのため専用のソフトをダウンロードしてハードウェアウォレットを接続することによって、利用することが出来るというのがあるため、セキュリティが高いのが特徴としてあります。 またハードウェアウォレットというのは送金用のアドレスと「秘密鍵」が合ってデータとして認識をされるため、秘密鍵が違うのであればウォレットを開く事が出来ないというのがあります。 そのため、ハードウェアウォレットのソフトやアプリを開いたとしても、ハードウェアウォレットを接続して秘密鍵のコードを入力しなければアクセスすることが出来ない仕様となっています。 ハードウェアウォレットの魅力について ハードウェアウォレットの魅力について紹介させていただこうと思いますが、ハードウェアウォレットというのは上記で紹介させていただいたように秘密鍵のコードを入力することによって、はじめてアクセスすることが出来るわけです。 そのため、ハードウェアウォレットを紛失したとしてもアクセスすることが出来る秘密鍵のコードを保存しておけば、他のハードウェアウォレットからでもアクセスすることが出来るというのがあります。 またそれだけではなくハードウェアウォレットというのは、どの端末からでもアクセスすることが出来るというのがあります。特定のPCのみでアクセス出来ないというわけではないため、急用の時でも利用することが出来るネットワーク環境とハードウェアウォレットがあれば利用することが出来ます。 それ以外にもハードウェアウォレットというのはUSBやそれに近いサイズの機器となっています。そのため、持ち運びが凄く便利だというのがあります。そういった点でもハードウェアウォレットというのは非常に魅力が多くあるというのがあります。 ハードウェアウォレットの危険性について ではハードウェアウォレットの危険性について紹介させていただこうと思いますが、ハードウェアウォレットというのは理解しておかなければ仮想通貨を盗まれてしまう可能性というのがあります。 上記で紹介させていただいたようにハードウェアウォレットというのは秘密鍵が内部に入っている機器となっています。そのため、ハードウェアウォレットではなく「秘密鍵」を知られてしまう事が一番危険だということになります。 またハードウェアウォレットを購入する際には「正規店舗」から購入するようにしてください。ハードウェアウォレットを使った詐欺や犯罪が増加しており、細菌ではハードウェアウォレットの中にコードが入力されており、それを入力することによって秘密鍵やアドレスを知られてしまい、ウォレットの中にある仮想通貨が盗まれてしまったというのがあります。 そういったこともあるため、ハードウェアウォレットというのは初期設定は自分で行わなければいけないというのがあります。既に完了しているハードウェアウォレットというのは危険性が高いため、注意してください。 またそれだけではなくハードウェアウォレットというのは決して安い物ではありません。少なくとも1万円以上はするというのがあります。そういったこともあるため、紛失してしまうリスクなどを考えると厳重に保管をしておかなければいけません。 また上記で紹介させていただいたようにハードウェアウォレットだけではなくコードも紛失してしまうことによってウォレットの仮想通貨というのは引き出せなくなってしまうというのがあります。 そのため、十分に注意をしてハードウェアウォレットを購入する用にしていただけたらと思いますので是非今回紹介させていただいた内容を参考にしてみてください。 今後の動きとは 如何でしたでしょうか?今回は仮想通貨のハードウェアウォレットについて紹介させていただきました。皆さんも今回紹介させていただいたようにハードウェアウォレットというのは少なからず危険性というのがあります。 そのため、ハードウェアウォレットを購入する前にきちんと仕組みであったり、メリットデメリットなども把握しておかなければいけませんので是非今回紹介させていただいた内容を参考にしてください。 ... もっと見る
    Source: bitlife.cryptopie.comPublished on 2019-02-10
    1週間前
  • 大麻市場と仮想通貨市場の関係性とは?匿名性が高いコインの方が有利?
    仮想通貨市場が不安定な中匿名性コインに明るいニュースが入ってきました。 その中でも仮想通貨のダッシュが大きく価格を高騰するのでは?という情報が入ってきました。 仮想通貨を常に見ている人や取引をしている人であればウォール街というワードを聞いた事があると思います。 ウォール街とは金融センターとも言われており、アメリカ合衆国の州ニューヨーク市マンハッタンの南端部にあります。ニューヨーク証券取引所がある事でも有名です。 何故大麻と仮想通貨が関係しているの?何故大麻に匿名性コインが影響するの?と考える人も多いと思います。 ウォール街といえば、大麻の売買が頻繁に行なわれており、大麻の価値も仮想通貨のように大きく上下のふり幅があります。 大麻の規制ニュースが出た直後は売買のやり取りが難しくなるので価格が大きく落ちますが、緩和するニュースなどであれば大麻の価値が無条件にあがり価格が高騰します。 仮想通貨と大麻に投資している投資家によると、最近ウォール街では次世代の資産クラスを巡って大麻が仮想通貨のライバルになるのではという考えをもっている情報が数多く寄せられています。 カナダの大麻3大銘柄は仮想通貨と同様に1000%も4年間で上昇している事から仮想通貨のコインと同じくらいの価格高騰です。 大麻と聞くと、日本では違法なイメージが強くありますがカナダでは来月に嗜好用の大麻が合法化されます。カナダは大麻とタバコを殆ど同様のものと考えとらえているとも考えられます。 大麻銘柄は主にキャノピー・グロース、オーロラ・カンナビス、アフィリアがあげられます。 どの大麻も大麻を取り扱っていうトレーダーの中では有名です。 仮想通貨だと、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインなどといった時価総額が高い銘柄と同じ様なものです。 カナダで嗜好用の大麻が合法化されるという事もありウォール街を中心にさらに注目が集まっている事は事実で、海外のCEOも賛否意見を発表しています。 有名な人でいうと元ゴールドマンサックスで仮想通貨投資会社ギャラクシー・デジタルCEOのマイク・ノボグラッツ氏が発言した、大麻市場と仮想通貨市場はどちらも大きくは変わらないと発言した事で投資家を驚かせました。 マイク・ノボグラッツ氏は今の大麻を見ていると去年12月のビットコインとイーサリアムと錯覚してしまいそうだとし、仮想通貨のようにストーリー性もしっかりしているし、5、6年後に草ビジネスは大きく成長するとしています。 更に仮想通貨と違って大麻は国に全面的に認められ、実用性もすぐにあります。仮想通貨の一番弱い部分であるハッキング被害という部分が窃盗しかないので個人できちんと保管しておけば怖いものはありません。 上記の事だけを聞くと、仮想通貨よりも大麻の方が未来があるのでは?と勘違いする人がいますが、仮想通貨から大麻市場に乗り換えるには少し早いとも言われています。 その理由としては、大麻といえばアメリカで取引されているイメージが強くありますが肝心の米国では、一部の州を除いて大麻が合法化されていないので、法律的に逮捕されるという事です。 つまり、違法という事は大麻関連業者が実際に事業を開始しようとしても銀行口座すら作る事が出来ないので商売にすらならないという事です。 大麻と匿名性が最大にマッチするタイミングとは? 匿名性は仮想通貨の中でも闇というイメージや資金洗浄というイメージが捨て切れませんが、仮想通貨の醍醐味ともいえます。 仮想通貨の中でもダッシュが今回大麻を早く取り入れ手を結んだのではないのか?と言われています。 仮想通貨に詳しいeToroのシニアアナリストであるマティ・グリーンスパン氏はダッシュ財団がデジタルペイメントサービスのAlt Thirty Six と提携した背景に目をつけ、大麻市場が取引の際に使う資金をダッシュに絞らせているのではないのか?という考えがあるともしています。 更に海外ではダッシュに対するイメージが良く仮想通貨の暴落している今でもビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)より決済の時間が短いという理由から南米で人気が高まっています。 決済の時間もですが、その取引が匿名という事が何よりもメリット?なのではと考えます。 ベネズエラでは最近国として崩壊を始めている事から法定通貨の価値が暴落しており、自分の資産を守る為に仮想通貨に換えている人が多くいるとの情報も噂されています。 以前にも大麻を運営しているサイトでIPOを受け入れるとも発表? 大麻と仮想通貨の繋がりは最近見られるようになりましたが、実は以前からつながりはありました。 大麻のカルチャーメディアサイトを運営している「HIGH TIMES HLD(ハイタイムズ・ホールディング)」社はIPOで仮想通貨も受け入れる方針を既に発表しており今後の動きに注目が集まっています。 仮想通貨市場と大麻市場の架け橋になればHIGH TIMES HLDが一番最初に取り組んだという実績だけでなく、資金が大きくHIGH TIMES HLDに流れ込む事が予想されています。 ... もっと見る
    Source: bitlife.cryptopie.comPublished on 2019-02-10
    1週間前
  • SEC(米国証券取引委員会)がビットコインETFを承認するのは数年先?
    2018年10月15日、アメリカのヘッジファンド「パンテラ・キャピタル」のCEOダン・モアヘッド氏がブルームバーグ主催のカンファレンスで「SEC(米国証券取引委員会)がビットコインETFを承認するのは数年先であると思っている」という発言をしました。 同発言でETFはニュースじゃない、ビットコインETFを誰にでも買ってほしいとは思っていないという発言をしています。また、 そして、真のニュースは、バックトやフィデリテであると話しました。 では、このフィデリティとバックトとは何なのでしょうか? バックトとは? 2018年8月3日にICE(インターコンチネンタル取引所)が仮想通貨関連の会社を設立することを発表しました。それが「バックト」という会社です。 実はこの会社すでにマイクロソフトをはじめ、スターバックスなどの有名企業と提携がされている巨大プロジェクトなのです。では、具体的に何をするでしょうか。 バックドはデジタル資産のプラットフォーム バックドでは、エコシステムの中でデジタル資産の売買や決済手段及び保管などを一度に行うことができるというプラットフォームの開発を目的にしています。ICE(インターコンチネンタル取引所)により得たインフラを利用し、小売業者やエンドユーザーが使いやすいシステム構築を目指しています。 エコシステムとは? 仮想通貨ニュースで度々目にするエコシステムですが、簡単に言えば、世界中で分野・人種を超えて互いに協力してこうと言われるIT・ビジネス業界で発生した新語です。仮想通貨のシステムは、ユーザーはもちろん、マイニングをするマイナー、投資家、ビットコイン財団など、様々な分野・人種の協力によって作られています。 まさにそういったエコシステムで運営されていることから耳にすることが多いのです。 フィデリティとは? 世界でも有名な資産運用のグループで、株式を公開せずあくまで顧客の利益に沿った経営を目標にしています。そんなフィデリティですが、仮想通貨設立のニュースが2018年10月16日に飛び込みました。 フィデリティの調査によると、7割の投資家がブロックチェーンなどの仮想通貨技術に新しい資産が生まれる可能性が高いと回答しているそうです。 ETF(上場投資信託)とは? ETFとは、投資信託の一つで、出資者から集めた資金を用いて上場した株式をリアルタイムで変動する市場価格に基づいて取得する投資方法の一つで、株価指数など市場の動きに連動する運用成果を目指していることから上場投資信託と言われています。 ビットコインETFが承認されることで価格上昇にも期待 CNBCの仮想通貨番組のホストでもあるラン・ノイナー氏 は、ビットコインETFがSECによって承認されたニュースがあったとき、価格が大きく変動する可能性があると発言をしました。 ビットコインETFが承認されると何がそんなにニュースなのかと言えば、上場投信信託は機関投資家と言われる特定の銘柄に投資をしないタイプの投資家からのお金が流入することです。ビットコインETFが承認された場合、ビットコインを買う投資家が増え、市場価値が高まるため、結果高騰する可能性が高くなるのです。 なぜETF、フィデリティとバックトなどが注目されるのか 投資なので絶対に価格上昇が起きるというわけではありませんが、投資家たちが注目しているのは承認された後の流入するマネーや仮想通貨に対する期待感なのですね。 ビットコインに限らず、仮想通貨のニュースが報道された瞬間に大きく値動きがするのは当然なのですが、今回のように仮想通貨を証券と同等とみなし、様々な投資組織が動き出しているのを知ると、仮想通貨の可能性を感じずにはいられませんね。 ... もっと見る
    Source: bitlife.cryptopie.comPublished on 2019-02-09
    1週間前
  • 荻原亮が推薦する投資案件「FUND(ファンド)」に迫ります!
    荻原亮の投資案件「FUND(ファンド)」とは? 荻原亮は23歳という若さでWebマーケティング会社を設立し、 多くの政治家や著名人との人脈を形成し続けてきました。   現在は投資家として活動し、成功を収めていま 投稿 荻原亮が推薦する投資案件「FUND(ファンド)」に迫ります!bit-life ビットライフ に最初に表示されました。 ... もっと見る
    Source: bitlife.cryptopie.comPublished on 2019-01-23
    4週間前
  • 荻原亮が推薦する投資案件「FUND(ファンド)」に迫ります!
    荻原亮の投資案件「FUND(ファンド)」とは? 荻原亮は23歳という若さでWebマーケティング会社を設立し、 多くの政治家や著名人との人脈を形成し続けてきました。   現在は投資家として活動し、成功を収めていますが、 その背景には、荻原亮の情報収集力の高さが挙げられます。   投資で稼ぐには、情報こそが最強の武器といえるので、 荻原亮は誰よりもアンテナを張ることにしたのです。   そして気づけば200億円の資産を形成する投資家になっていました。   そんな荻原亮がある投資案件に興味を抱き、 多くの人たちを荻原亮と同じような億万長者にしようとしています。   そのプロジェクトこそが「FUND(ファンド)」です。   このプロジェクトに参加するためには、FUNDトークンを購入しておく必要があります。   投資をする側としては、それがちゃんと価値を持つものなのか、今後伸びるものなのかは非常に重要な点となるでしょう。   荻原亮のすすめる「FUND(ファンド)」は一体どんなものなのか? 荻原亮の人脈によって「FUND(ファンド)」は無敵の投資案件に 「FUND(ファンド)」は資金調達ビジネスと深く関係があり、 その中心となる舞台は世界有数の面積を持つ中国です。   そもそも荻原亮が出資者として盛り上げる「FUND(ファンド)」は、 なぜメイン舞台を中国に絞ることをしたのか?   それは、中国ではICOが禁じられており資金調達ができないという事情があるからです。   需要はあるのに禁止されているわけですから、 そこを代わりに請け負う強い味方がいれば必ず頼ってくるはずです。 FUNDプロジェクトを実施するFCT社は海外企業なので、 資金調達をしたい中国の大手企業を相手にいくらでも営業をかけられるのです。   しかも、荻原亮は中国とのコネクションを多数持っています。 例えば元小泉チルドレンとして知られる政治家の井脇ノブ子氏。 彼女は中国と強い絆で結ばれており、国内には銅像が立っているほどです。   そんな中国でも有名である井脇ノブ子氏がトップ企業を次々に FUND(ファンド)プロジェクトに斡旋していくとしたらどうなるのか。 驚くほどのお金が動くことは誰もが予想できるはずです。   この資金調達が上手くいけばいくほど、中国企業から入ってくる報酬は増えます。 この報酬が入ってくるほど、FUND(ファンド)トークンの価値も上がるというわけです。   そして、荻原亮がこのFUND(ファンド)に出資している大きな理由が、 株に変えることができるという特殊なトークンだからです。 荻原亮の「FUND(ファンド)」は配当が貰える投資案件である ... もっと見る
    Source: bitlife.cryptopie.comPublished on 2019-01-23
    4週間前
  • ビリオネアキャッスル(泉忠司氏主宰)は億り人への近道
    ビリオネアキャッスルを企画する天才・泉忠司 「リアルドラゴン桜」と呼ばれる泉忠司氏は、 投資やネットビジネスに少しでも触れたことがある人にとっては非常に有名な方です。   高校生当時の偏差値は30しかなかった泉忠司氏は、 独学で勉強してわずか半年後に全国模試1位を獲得。 その後は世界屈指の名門大学「ケンブリッジ大学」に留学しています。   現在は青山学院大学、日本大学、国士舘大学で教壇に立ち、 多くの生徒に、他では受けられない講義の価値を提供。   他では真似できない天才のひとりと言っても過言ではありません。   また、著書も数多く出版しており、その数は50冊以上です。 とくに、大学受験生向けの参考書として発行された、 「歌って覚える英文法完全制覇」「歌って覚える英熟語完全制覇 」などは、 これまでと違ったアプローチで数多くの受験生を救ってきました。 その他、恋愛小説やビジネス本などでも話題に。 発行部数も累計350万部を超える人気作家といえるでしょう。   そんな泉忠司氏が昨年度あるプロジェクトを発足しました。   それが「ビリオネアキャッスル」です。   ビリオネアキャッスルは参加者全員に10億円を約束する (※引用元:http://billionaire-castle.com/lp/lp1/?AD_CODE=0077_00042) 「ビリオネアキャッスル」と呼ばれる謎に包まれたプロジェクト。 なんと、参加者を10億円稼がせる目的で動いているみたいです。   実際にその仕組みはどういったものなのかというと、 ズバリ「泉忠司氏になればいい」というものなんです。   成功者を真似ることこそ、成功者になるための近道という考えなのでしょうか。   ビリオネアキャッスルに参加すれば泉忠司になれる プロジェクトの概要を紹介する動画の中で、泉忠司氏はこう語っています。   僕と同じタイミングで、 ・僕と同じ仮想通貨をあなたが入手していれば… ・僕と同じ手法で起業していれば… ・僕と同じ銘柄の株を入手していれば… ・僕と同じように資産運用できていれば… あなたは今頃、僕と同じようなビリオネアになっているはず。   ビリオネアキャッスルはまさにそれを実現すべく動き出したプロジェクトというわけです。   このプロジェクトに参加すると、泉忠司氏から直接情報が発信されます。   その情報は泉忠司氏いわく、時流を企てる層から仕入れるのだといいます。 ... もっと見る
    Source: bitlife.cryptopie.comPublished on 2019-01-21
    4週間前
  • Coinbaseが仮想通貨同士の直接交換機能「Convert」をアメリカでスタート!
    大手交換所のCoinbaseが仮想通貨を他のデジタルアセットに直接交換できる機能「Convert」の提供を開始しました。 従来では売買において、一度USDを挟む必要がありましたが、この機能により直接「売り」と「買い」の作 […] 投稿 Coinbaseが仮想通貨同士の直接交換機能「Convert」をアメリカでスタート!CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。 ... もっと見る
    Source: crypto-times.jpPublished on 2018-12-20
    2か月前
  • 今更聞けないマイニングプールとは?それぞれのシェアや仕組みを解説
    仮想通貨のマイニングという単語、頻繁に耳にするようになりましたが、実際にマイニングを経験した事はありますか?マイニングをする際に知っておかなければならない単語の一つに「マイニングプール」というものがあります。 ビットコイ […] 投稿 今更聞けないマイニングプールとは?それぞれのシェアや仕組みを解説CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。 ... もっと見る
    Source: crypto-times.jpPublished on 2018-12-20
    2か月前
  • 過去30日間でICO関連のウォレットから40万ETHが送金されたと報じられる
    仮想通貨のデータ分析を手がけるSantimentが今月17日に発表したデータによると、ICOプロジェクトに紐づけられたウォレットから過去30日間で400,000ETH以上が流出しているとされています。 Santiment […] 投稿 過去30日間でICO関連のウォレットから40万ETHが送金されたと報じられるCRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。 ... もっと見る
    Source: crypto-times.jpPublished on 2018-12-20
    2か月前
  • 分散型クラウドコンピューティングシステムの開発に取り組むPerlin(ペルリン)に独占インタビュー!
    様々な研究や商品開発などに伴うコンピューター処理を外部に受注する「クラウドコンピューティング」市場は、現在アマゾンやグーグルをリーダーとして急激な発展を続けています。 シンガポール発のPerlin(ペルリン)は、そんなク […] 投稿 分散型クラウドコンピューティングシステムの開発に取り組むPerlin(ペルリン)に独占インタビュー!CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。 ... もっと見る
    Source: crypto-times.jpPublished on 2018-12-20
    2か月前
  • コインベース PROがDai ($DAI), Golem ($GNT), Maker ($MKR), Zilliqa ($ZIL)の取り扱いを開始
    暗号資産取引サービスを国際展開するコインベース PROが、Dai ($DAI), Golem ($GNT), Maker ($MKR), Zilliqa ($ZIL)の4通貨の取り扱いを開始したことがわかりました。 今年 […] 投稿 コインベース PROがDai ($DAI), Golem ($GNT), Maker ($MKR), Zilliqa ($ZIL)の取り扱いを開始CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。 ... もっと見る
    Source: crypto-times.jpPublished on 2018-12-20
    2か月前
  • Ripple(リップル)社プロダクト試用中のウエスタンユニオンが仮想通貨採用に対しては未だ疑問
    個人・法人の送金や貿易業務を行う米国の大企業・ウエスタンユニオンが、同社サービスにおける仮想通貨採用に対しやや批判的な考えを述べました。 同社の国際送金サービス代表を務めるオディロン・アルメイダ氏は、暗号資産がもたらす恩 […] 投稿 Ripple(リップル)社プロダクト試用中のウエスタンユニオンが仮想通貨採用に対しては未だ疑問CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。 ... もっと見る
    Source: crypto-times.jpPublished on 2018-12-20
    2か月前
  • リップル(Ripple)「銀行がxRapid採用に躊躇する理由は規制の不透明さにあり」
    ブロックチェーンを基盤とした国際送金サービスを展開するリップル(Ripple)が、自社プロダクト「xRapid」が未だ銀行に採用されていない理由を明かしました。 14日にドイツで開催されたイベント「ユーロ・ファイナンス・ […] 投稿 リップル(Ripple)「銀行がxRapid採用に躊躇する理由は規制の不透明さにあり」CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。 ... もっと見る
    Source: crypto-times.jpPublished on 2018-12-20
    2か月前
  • 金融庁が年内にもcoincheck(コインチェック)を仮想通貨の登録業者として認める方針
    金融庁は12月19日にcoincheck(コインチェック)を改正資金決済法に基づく登録業者に認める方針を固め、年内にも登録業者とすることを発表する方針としています。 coincheckは2018年1月に不正なアクセスを受 […] 投稿 金融庁が年内にもcoincheck(コインチェック)を仮想通貨の登録業者として認める方針CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。 ... もっと見る
    Source: crypto-times.jpPublished on 2018-12-19
    2か月前
  • コインベース(Coinbase)が米国ユーザー向けにPayPal口座への出金機能を追加
    暗号資産の交換業や運用業務を提供するコインベース(Coinbase)が、米国ユーザー向けにPayPal(ペイパル)口座への出金機能を追加したことがわかりました。 同機能では、アカウント上の米ドルを手数料無料でペイパル口座 […] 投稿 コインベース(Coinbase)が米国ユーザー向けにPayPal口座への出金機能を追加CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。 ... もっと見る
    Source: crypto-times.jpPublished on 2018-12-19
    2か月前
  • 【クリスマスキャンペーン】BitPointに新規登録で3000円分のビットコインを貰おう!
    サマーキャンペーン、オータムキャンペーンを実施していたばかりの株式会社ビットポイントジャパンですが、今回クリスマスキャンペーンを実施するようで、期間中に新規登録を実施したユーザーは、3000円相当分のビットコインがプレゼ […] 投稿 【クリスマスキャンペーン】BitPointに新規登録で3000円分のビットコインを貰おう!CRYPTO TIMES [クリプトタイムズ] に最初に表示されました。 ... もっと見る
    Source: crypto-times.jpPublished on 2018-12-19
    2か月前
  • 仮想通貨のシールドとは
    シールドとは 仮想通貨シールドは少し変わった経緯で出来上がった仮想通貨です。2017年に元々は別の仮想通貨であったバージコインのソースコードを一部利用して誕生した仮想通貨がシールドとなります。 元々のバージコインは匿名性も高く、取引速度も早いということで好評の仮想通貨でした。シールドはそこをうまく引き継いで作られたコインとも言えるでしょう。 バージコインは今も市場にあります。バージコインの価格変動に釣られてシールドの価格も変動する傾向があり、2017年の12月にバージコインが高騰した際はシールドの価格も少しだけ高騰しました。 シールドという仮想通貨を表すのは「プライバシー」「耐量子性」「省電力性」の3つがキーワードとなります。 プライバシーに関しては、現在の仮想通貨市場において、匿名性を強固にしてユーザーを危険から守るという仮想通貨も増えてきていますが、そのどれもが不完全なものが多く、スケーラビリティ問題や現実性に欠けていることからその問題を解決するためにシールドは開発しています。 耐量子性に関しては、量子コンピュータへの対策を行っていかなければいけないということです。 現状だと、量子コンピュータによるクラッキングを受けるとブロックチェーンが破壊されてしまいます。つまりは仮想通貨の取引を行っていく上での危険性についての対策です。 仮想通貨の改ざんなどの問題は今後も起きてくる可能性は十分あるでしょう。 そういった問題をどのように回避していくかという問題も重要です。 省電力に関してはコンセンサスアルゴリズムに関連してきます。大抵の仮想通貨で利用されているPoWというコンセンサスアルゴリズムは計算リソースをフル稼働させて膨大な電力を活用させるため、多くの電力と電気代を利用することになります。 これらの問題は一つ一つを個別に解決しようとする仮想通貨はありますが、全ての問題をまとめて解決しようとする仮想通貨はありません。 しかし、シールドはまとめて解決する技術が導入されています。 まず、量子コンピュータによる取引データの改ざんを防ぐための「耐量子性アルゴリズム」です。シールドは「ランポート署名」「ウィンターニッツ署名」「ブリス署名」という少し変わった署名方法を利用するようにしています。 次に匿名性についてですが、匿名性の強い仮想通貨であるダッシュが利用している「プライベートセンド」という技術を利用しています。 プライベートセンドは複数の送金依頼があった際に、その複数送金依頼を一つのプールに入れてまとめてから、送金のアクションを行うことで誰が誰に対して送ったのかわからなくなるというシステムです。 この技術によって第三者が誰から誰に送金されたのかは分からないということになります。 最後に電力の問題に関しては「PoS Boo」というコンセンサスアルゴリズムを利用することで改善が可能です。 シールドのコンセンサスアルゴリズムはPoSを利用しており、コインの所持数に応じてマイニングを行う人が決まってきます。このPoSという技術をシールドが独自のPoSアルゴリズムに開発中となっており、これをSHIELD BOOと呼んでいます。 この技術によって、シールドは省電力を行うことが可能となっています。 シールドは仮想通貨の問題を解決する仮想通貨 仮想通貨の技術はまだまだ未完成のものが多くなっており、課題もたくさんあります。これらの課題を埋めていくことが仮想通貨業界のこれからの問題とも言えるでしょう。 いかにして、これらの問題を解決するのかという点で困っている仮想通貨業界の人も多いですが、シールドはそんな問題解決に大きな影響を与えています。 シールドは今後もアップデートなどもありますが、これから先の仮想通貨の問題を解決するような存在となっていくことが期待されています。今後の価格や情報にも注目が必要でしょう。 投稿 仮想通貨のシールドとはbit-life ビットライフ に最初に表示されました。 ... もっと見る
    Source: bitlife.cryptopie.comPublished on 2018-10-31
    4か月前