リップルの続く進化、トークンの価値上昇のための戦略?…「ドバイ進出と200以上の顧客の獲得」

2018-11-04T19:13:05+00:00 10か月 前|

リップル(Ripple)がリップルネット(RippleNet)の顧客をできるだけ多く引き入れるための魅力的な攻勢をかけているのは公然の事実である。このような努力にリップル(Ripple)は、顧客基盤が爆発的に増加している。現在、サンフランシスコに拠点を置くブロックチェーン同社は、200以上の顧客を持っている。

多くの人がすでに知っているように、リップル(Ripple)は、現在、世界で3番目に大きいパスワード貨幣リップル(XRP)を運営している革新的な会社である。一方、リップル(XRP)は、特に市場時価総額の面で多大な成長率を見せた。しかし、先週の間に価格の変化はほとんどありませんでしたが、すぐに価格の急変も、この可能性がありあるように見える。予想通り、リップル(Ripple)は、より多くの顧客を誘致することに成功した場合のリップル(XRP)トークンの価格には有利に作用するだろう。

ドバイに進出するためのリップル
リップル(Ripple)の最新の努力の一つは、アジア市場への進出である。サウジアラビアで最大のイスラム銀行のアルラージ(Al-Rajhi)は、数週間前にリップルネット(RippleNet)に合流した。この他にも、クウェート・ファイナンス・ハウス(Kuwait Finance House)も合流したことが分かった。

アラブ首長国連邦のドバイ(Dubai)で開かれた会議に出席する間、リップルのグローバルインフラストラクチャの革新責任者ディルリプラオ(Dilip Rao)は良いニュースを交わした。

ディルリプラオ(Dilip Rao)は、ドバイを橋頭堡にして、アジア市場に進出しようとするリップルの計画を発表した。今回のドバイへの進出は2018年の終わりまでに実現されることが期待される。さらにラオ(Rao)は、リップルの技術がなぜ重要なのか、それが中東地域の労働者に何を意味するかを説明した。

この地域の多くの労働者が彼らの祖国にお金を送る外国人であることを考慮すると、国境を越えた送金に強みを持っているリップルが適格という主張だ。

ブロックチェーンを愛する中東
アラブ首長国連邦と中東地域は、ブロックチェーンの技術の受け入れに積極的であった。今年4月には、アラブ首長国連邦は、政府の取引とデータ処理のためにこの技術を使用する計画を発表した。また、2019年に最初のイスラムパスワード貨幣取引所が発足される予定である。

このような動きは、リップル(XRP)価格に影響を与えるものである。リップルネット(RippleNet)と協力している銀行が資金前の通貨でのリップル(XRP)を使用するという事実は、このパスワード貨幣の価格を急増することができる。より多くの銀行がネットワークに参加してリップル(XRP)採用が増加するにつれて、状況はさらに良くと思われる。