台湾の金融監督委員会は、近いうちにICOを許可するように

2018-10-25T19:54:19+00:00 10か月 前|

台湾台北タイムズによると、台湾でICOへの投資が遠くない株式に投資するのと同じくらい容易になるものと思われる。

台湾金融監督委員会(Financial Supervisory Commission)議長のウェリントン区(Wellington Koo)によると、現在、自国内パスワード貨幣投資家のための簡素な手続きと株式のようにトークンを作成するなど、ICO運営についての規定を制定しているという。また、彼はこの法案を来年半ばまでに制定する予定だと明らかにした。

これは、台湾政府がICO規制を準備しているかどうかを確認ウィリアムチェン(William Tseng)の質問に対する発言で確認された。チェンはICO諮問会議のサインサティスグループ(Satis Group)が、今年の初めに発表した報告書で、ICOの81%が詐欺であることが判明したと主張し、これらの質問を投げた。

一方、新たに制定されるこれらのICOの規定は、すべてのトークンに適用されることはないと思われる。 FSCは、ユーティリティのトークンには、規制を適用しない方針で寄せられたからである。 「…コンビニや航空会社が認めるマイレージポイントで使用されているようなトークンは、標準の規制の中で対処しないだろう」と台北タイムズが報じた。また、ウェリントン区によると、「パスワード貨幣証券に使用されていない場合は、パスワードの通貨に関連する創造性と生産性を抑制することが意図がない」と述べた。

ちなみに彼はFSC議長を務めている間、ほとんどパスワード貨幣を支持してきた。一例として、約1年前、彼は、台湾議会に、台湾は中国と韓国のような他の国がそうであるようパスワード貨幣関連の活動について全面的に禁止をしないと述べたことがある。当時、彼は台湾でブロックチェーンの技術とパスワード貨幣の開発が促進されることができる環境が造成されることを好むと言わ注目を集めた。

「中国と韓国がこれを禁止しているとして、台湾がこれに従う必要がありという意味ではありません。パスワード貨幣産業は、将来的に成長することができる大きなチャンスがあります。私たちは、パスワードの通貨を証券ような規制を介して監視することができるように扱う日本のを模倣する必要があります “

Leave A Comment